FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四次(最終)署名簿を提出しました。

第四次署名簿表紙

「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」は、8月3日午後1時30分より、瀬戸内町役場において房克臣瀬戸内町長宛に第四次(最終)署名簿を提出しました。

署名活動などで応援してくださった多くの皆様、ご協力ありがとうございました。

第四次分(4月21日~7月26日分)の署名総数は8891、これまでの署名の累計は29319となりました。この数字は瀬戸内町の有権者の3.4倍にあたります。また、加計呂麻島内の署名の累計は1058となり、これは加計呂麻の有権者1350人の約8割にあたります。

署名の提出には町からは町長、副町長、企画課長が出席しました。今回は初めて署名提出に「奄美の自然と景観を守る会」のメンバーも参加し、署名提出後には、町との話し合いを行ないました。

話し合いの中でのやり取りは、次の通り。

町側の主な発言(要約)

・基本的に土地の権利問題は司法書士と所有者の問題であり役場は関係ない。そのために司法書士、行政書士、法務局がおり、役場はただ書類上の認可をするだけ。
・企業の工場建設や伐採申請は、整った書類が提出されれば受理せざるを得ない。
・企業は事業計画書を撤回し、伐採申請も行われていないので町は関係ない。
・情報公開条例に基づく事業計画書の公開請求については、諮問委員会に諮る前に撤回されたので公開の必要がない。
・実質的には町議経由で事業計画書が出回っているのだからそれでいい(公開する必要はない)のではないか。
・加計呂麻チップセンターに関しては町は一切関係がない。
・行政不服審査申請書は使う人がいないので用意していない。
・地主に無断での地目変更は初めて知り問題があると思うので、町が主導で大東海運産業、行政書士、住民の会や土地の所有者を集めて話し合いの場を設けたい。※注釈 これまで何度もこの問題は町長宛に伝えています。


「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」の発言(要約)

・町は町民の財産を守る義務がある。地権者を伴わず現地確認を行なった農地委員会にも責任があるので、町が主導で書類や土地の元の状態への復帰をすべきである。
・事業計画書が非公式に出回っているからといって、公開されていることにはならない。情報公開条例に基づいた請求に応えることは町政の透明性の問題。
・本当に町が誘致に関わった企業ではないのであれば、町民や全国に対して町ははっきりとチップ工場や伐採反対であることをアピールし環境共生型の町づくりに舵切りすべき。すでに奄美市は世界遺産化を視野に入れたアピールを行ない、行政上の判断も行っている。


「奄美の自然と景観を守る会」の発言(要約)


環境ネットワーク奄美 常田氏
・企業誘致は町民のメリット・デメリットを十分配慮すべき。まずは住民の生活が最優先。首長は住民の生活を守る必要がある。
・リュウキュウマツが枯れていることは自然に起こっている森の更新で、それを伐採の正当化に使おうとしている人達がいるのは残念。自然の魅力あふれる加計呂麻の魅力を削ぐような企業を誘致する理由が分からない。
・バードウォッチングのツアーなど瀬戸内町を活性化する企画も検討中である。加計呂麻、瀬戸内町の未来の為に自然をそのままに残して欲しい。

環境ネットワーク奄美 薗氏
・今回、加計呂麻での問題に対し住民が即座に運動を起こしたことは奄美ではこれまでにないことで、感動している。
・環境ネットワーク奄美では何十年も前から、奄美の自然はそっとしておくだけで30年50年後には貴重な宝になると言い続けてきた。こうしたことが多くの人に理解されるようになってきた。
・奄美は琉球列島の中でも重要な地域。さらに瀬戸内町、加計呂麻島、その周辺の無人島は重要。そこを変にいじられると問題である。
・このことは奄美市ではかなり理解されているが、広く奄美全体の問題として語り合う場を作りたい。


町からは依然、きちんとした方針が語られず、チップ工場建設や大規模森林伐採の問題は予断を許さない状況です。「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」(savekakeroma)での署名活動はこれで一旦終了しますが、署名活動以外の活動は続けていきます。また、「奄美の自然と景観を守る会」(saveAmami)での署名活動にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。
尚、今後savekakeromaの署名用紙でお送りいただいた署名は、saveAmamiでの署名活動で使わせていただきますのでご了承下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

savekakeroma

Author:savekakeroma
加計呂麻島にチップ工場を建設し加計呂麻の森の47%を伐採し、製紙用のチップとして加工販売するーこんな計画が鹿児島市の企業により推し進められています。
工場設立の説明会により多くの問題点が浮かび上がってきました。
そこで、加計呂麻島で起きている森林伐採計画と反対運動についての情報を記載していきます。
~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。