FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広報せとうち」最新号より森林伐採に関する内容の抜粋です。

100829広報せとうち618

瀬戸内町役場が発行している「広報せとうち」より、森林伐採問題に関する記述を抜粋します。

<平成22年9月号 No.618>
議会だより第138号 第2回(6月)定例会 より 

●渡島芳臣議員 一般質問より抜粋
議員:
加計呂麻の伐採に関し、町有林はすでに売却されている等々、誤った情報が広がっています。
町民に正しい情報を説明し誤解を解く必要があります。お考えをお尋ねいたします。

町長:
加計呂麻の山林の伐採の件でありますが、私有林の売買については把握しておりません。
また、町有林については売却等は行っておりません。

●鎌田愛人議員 一般質問より抜粋
議員:
(加計呂麻島チップセンターについて)新たな動きが展開されようとしているが、今後考えられる事態について、町長の見解を伺います。

町長:
伐採申請が提出された場合は、環境省や県の指導を受けるとともに、自然保護審議会や文化財保護審議会等を開催し、これらの意見を参考にしながら、環境保全対策等について事業所等に要請して参りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

savekakeroma

Author:savekakeroma
加計呂麻島にチップ工場を建設し加計呂麻の森の47%を伐採し、製紙用のチップとして加工販売するーこんな計画が鹿児島市の企業により推し進められています。
工場設立の説明会により多くの問題点が浮かび上がってきました。
そこで、加計呂麻島で起きている森林伐採計画と反対運動についての情報を記載していきます。
~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。