FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立公園の線引きまで伐採は休止と企業が回答。

昨日の奄美市長宛の署名提出時に、(加計呂麻島および奄美大島でチップ用材の伐採と加工を計画している)大東海運産業の関連会社、(株)奄美チップセンターから奄美市に対しての回答が明らかにされました。

これは奄美市が、
・市側を含む関係機関や地域住民への説明会
・国立公園化による林業利用ゾーンの区分がつくまでの森林伐採計画凍結
を大東海運産業を求めたことによるもの。

奄美市によると回答の内容は
・説明会の開催は奄美大島を賛成反対で二分する可能性があり控えたい
・工場建設に関しては既に自己資金で建設用材や機械を発注、調達しているので完成まで進めたい
・森林伐採に関しては国立公園化によるゾーニングが明らかになるまで休止する
というもの。

「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」では継続して「奄美の自然と景観を守る会」や各方面と連携を取りながら、今回のチップ工場建設と伐採計画の完全撤退、さらにより長期的な森林の保全を訴えていきたいと考えています。

署名活動も引き続きsaveAmamiで行っていますのでご協力よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

savekakeroma

Author:savekakeroma
加計呂麻島にチップ工場を建設し加計呂麻の森の47%を伐採し、製紙用のチップとして加工販売するーこんな計画が鹿児島市の企業により推し進められています。
工場設立の説明会により多くの問題点が浮かび上がってきました。
そこで、加計呂麻島で起きている森林伐採計画と反対運動についての情報を記載していきます。
~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。